トップへ
タオ島ダイビングショップ アジアダイバーズ
連絡先 お問合わせフォーム タオ島関連情報サイト タオ島ファンダイビング
ダイブマスターコース ダイビングスタッフ募集 タオ島ダイビングツアー
タオ島ダイビングツアー
質問と回答ダイビングについて
 

タオ島滞在中のダイビングプランは、滞在日数、飛行機やボート等の交通機関との乗り継ぎ等によって、可能な潜水本数が異なってきますので、具体的にプランを組むのが難しい場合は、まずはお気軽にお問い合わせください。

タオ島へは日本を出発して、その日中に到着することができません。その為、お客様から、『どのようにプランを組めば良いのか』、『交通の手配をどのようにすればよいのか』といった質問を良くいただきます。

当店ではタオ島までの航空券以外の手配が全て可能です。また、お客様の日程により、"手間いらず"の様々なパターンを用意しております。

まずはメールにて、現時点で決まっている日程をお知らせいただけましたら、お客様の日程に合ったプランと見積もりを24時間以内に専属のスタッフより返信させていただきます。

泳げないという人の大半は息継ぎのしかたが分からないのが原因のようです。
ダイビングではエアが供給されますし、浮力の調整は器材で実施します。
このため息継ぎにも余裕をもって行うことができます。
泳げた方がより良いのですが、泳ぎの得手不得手はそれほどダビングに影響しません。

コース取得では水中能力評価として泳いでいただくことになります。
そのような方は距離は少し長くなりますが、スノーケルをして泳いでいただいても問題ありませんので
それほど心配される必要はないかと思います。
またしっかりと基礎から学んでいただきますのでみなさん安定して泳げるようになっていただいてます。

体験ダイビングは、初めてダイビングにトライされる方や、ライセンスを取得してない方用の、プログラムですので、全く問題ありません。

初めての水中体験は新しい感覚で、思い出に残ることでしょう。

水中では物が幾分大きくみえます。このため視力が0.5程度の方なら大丈夫です。
また度付きマスクのレンタルもご用意しております。詳しくはスタッフまでご相談ください。

ダイビングは多くの人が楽めるレジャーであり、難しいことはありません。
年齢と性別に関係なく多くの方がダイビングを楽しんでいます。
基本的なテクニックはスタッフがしっかりと丁寧にお教えしますので、ご安心ください。

いいえ。難しくはありません。オープンウォーターコースのテストで落ちる人はまずいないと言えるでしょう。
学科ではダイビングの基本を学びますので、しっかりと学習されることをお勧めします。

水着と着替えがあれば十分です。ダイビングに必要な器材のレンタル料金は全て価格に含まれております。 ライセンスコースの方は、申請用に顔写真2枚(パスポートサイズ)をご用意ください。(タオ島でも撮ることができます) 認定ダイバーの方は、ライセンスカードとログブックをお持ちください。

スタッフがしっかりとサポートいたしますので心配いりません。
また当店ではブランクがある方のために、リフレッシャーコースもご用意しております。
過去にライセンスを取られてからしばらく潜っておられない方はスタッフにお申し出ください。

はい。当店ではダイブマスターやインストラクターのコースもご用意しております。
プロコースをご希望の方はメールにてお問合せ願います。

タオ島では一年中ダイビングができますが、ベストシーズンは3月〜5月、8月〜10月です。 11月〜2月は雨期に入り、波が高くなり透明度も落ちてしまいます。 詳しくは「タオ島のシーズン」をご覧ください。

タオ島周辺の水温は、夏季は30度前後、雨季は26度前後になります。 当店では、3mmハーフのウェットスーツをご用意しております。 寒がりな方や日焼けが気になる方は、ロングのラッシュガードなどを持ってくるといいかもしれません。 フィンはフルフットタイプのもので、サイズは数種類ご用意しております。
他にも、水中デジタルカメラ、トーチ(ナイトダイブのみ)のレンタルも行っております。

はい。ライセンスコース・体験ダイビング共に10歳〜となっております。(上限はございません) 8〜9歳のお子様は、プールもしくはビーチのみ体験ダイビングが可能です。ご希望の方はご相談ください。

「チュンポンピナクル」などの外洋ポイントへは約40分、タオ島周辺のポイントへは15分〜20分ほどと近いので、船酔いが心配な方でも安心です。 ただ、天候によって船が揺れることもありますので、心配な方は酔い止め薬をご用意ください。 また、ボートには風除けがありませんので、天気の悪い時などは一枚羽織るものをご用意することをお勧めします。 詳しくは「ダイビングスポットの紹介」をご覧ください。

ライセンスコースを受けられる方には、コース前に病歴診断書を書いていただきます。 当てはまるものがあるとダイビングできないこともありますので、心配な方は事前にご相談ください。 また、病院の薬を服用されている方は、主治医に相談し許可をもらってください。


タオ島アジアダイバーズ問合せ

(C)タオ島ダイビングショップ アジアダイバーズ