トップへ
タオ島ダイビングショップ アジアダイバーズ
連絡先 お問合わせフォーム タオ島関連情報サイト タオ島ファンダイビング
ダイブマスターコース ダイビングスタッフ募集 タオ島ダイビングツアー
タオ島ダイビングツアー
タオ島交通手配 質問と回答ダイビングについて
 

お客様から、『どのようにプランを組めば良いのか』、『交通の手配をどのようにすればよいのか』といった質問を良くいただきます。

当店ではタオ島までの航空券以外の手配が全て可能です。また、お客様の日程により、"手間いらず"の様々なパターンを用意しております。

まずはメールにて、現時点で決まっている日程をお知らせいただけましたら、お客様の日程に合ったプランと見積もりを24時間以内に専属のスタッフより返信させていただきます。

承っております。

当店では以下の送迎手配が可能です。当店はサムイ島にも営業所があります。サムイ島にも日本人スタッフが常駐しておりますので、迅速確実な手配が可能です。空港送迎と定期船手配のみの手配も行っておりますので、是非ご利用ください。

  • サムイ島空港⇔サムイ島ホテルへの送迎
  • サムイ島ホテル⇔タオ島行き桟橋の送迎

この他にも以下のような手配が可能です。

  • サムイ島のホテル手配
  • サムイ島のツアー手配
  • サムイ島発のセイルロックダイビングツアー

バンコク⇔サムイ島間は、バンコクエアウェイズ(Bangkok Airways)が運行しています。

http://www.bangkokair.com/

バンコクエアウェイズのホームページから、オンラインで空席状況を確認し予約することができます。支払いは搭乗者のクレジットカードでのみ決済可能です。

バンコクエアウェイズではインターネット限定の複数のプロモーション料金を設定しています。ご自分でネット経由で航空券を手配されるのが、最も割安なチケット予約方法になります。

旅行代理店等を通じてチケットを予約する場合は、通常料金のみ適用されます。(最も高額な種類の航空券)

※サムイ島に午前10:45以降に到着される場合は、同日のタオ島行き船便は 終了しておりますので、その日はサムイ島に宿泊し、翌日タオ島へ移動することとなります。 翌日のタオ島の船便は、朝便、昼便を選択可能です。

▼サムイ発→タオ島行き 定期船 1日2便運行

1、朝便 AM08:00 サムイ島発−AM10:00 タオ島着
※朝一番の飛行機でサムイ入りする場合のみ、朝の船便は利用可能です。

2、昼便 PM12:30 サムイ島発−PM14:30 タオ島着
※午前10:45までに飛行機でサムイ入りする場合のみ、昼の船便は利用可能です。

※サムイ島に午前10:45以降に到着される場合は、同日のタオ島行き船便は
終了しておりますので、その日はサムイ島に宿泊し、翌日タオ島へ移動することとなります。
翌日のタオ島の船便は、朝便、昼便を選択可能です。

▼タオ発→サムイ島行き 定期船 1日2便運行

1、朝便 AM09:30発−AM11:30 サムイ島 タオ島着
※サムイ島発14:00以降の飛行機のみ乗継可能です。

2、昼便 PM15:00発−PM17:00 サムイ島 タオ島着
※サムイ島発19:30以降の飛行機のみ乗継可能です。

※サムイ島発14:00よりも早い時刻の飛行機に、同日乗り継ぐことはできません。
※復路ダイビングと同日の飛行機搭乗はできませんので、ご注意ください。

タオ島交通手配
タオ島交通手配

バンコクからタオ島へは飛行機、バス、鉄道の3つのルートでアクセス可能です。
飛行機:バンコク⇒(空路)⇒サムイ島⇒(ボート)⇒タオ島
鉄道  :バンコク⇒(鉄道)⇒チュンポン⇒(ボート)⇒タオ島
バス  :バンコク⇒(バス)⇒チュンポン⇒(ボート)⇒タオ島
それぞれの詳細ルートはタオ島への行き方のページを参照してください。

はい。バンコクからのバスとボートの手配を行っております。詳細は『バスでタオ島まで行く』をご参照下さい。

バスはバンコクのカオサン通りから出発になります。バスとボートのチケットは、手続き完了後に当店よりメールにて送らせていただきます。

当店ダイビングサービスご利用のお客様は、手数料無料で手配いたします。バス+ボートチケットのみご利用のお客様は、恐れ入りますが、1名様あたり600バーツの手数料をいただいております。

バンコクからバスで移動する場合、
バンコク⇒(バス)⇒チュンポン:所要時間 約8時間
チュンポン⇒(ボート)⇒タオ島 :所要時間:約2時間

料金が安いので節約したい方向けです。時々トイレ休憩があります。 冷房が効きすぎなので、一枚多く車内に持ち込むことをお薦めします。 ジョイントチケットだと、バスからボートへの乗り換えの心配もありません。

リクライニングシートですが、やはり少し狭いので、 バスにてお休みになることが苦手な方は鉄道(寝台)でのアクセスをお薦めいたします。
バスでのタオ島アクセス詳細はこちらを参照してください。


タオ島アジアダイバーズ問合せ

(C)タオ島ダイビングショップ アジアダイバーズ