トップへ
タオ島ダイビングショップ アジアダイバーズ
連絡先 お問合わせフォーム タオ島関連情報サイト タオ島ファンダイビング
ダイブマスターコース ダイビングスタッフ募集 タオ島ダイビングツアー
タオ島ダイビングツアー

ダイブサイト詳細

タオ島はタイ湾(シャム湾)に浮かぶ周囲21キロの小さな島。世界中のダイバーやスノーケラーが集まる秘境の島です。

タオの海は「穏やかなコンデション」「多種多様な珊瑚」「濃すぎる魚影」そして「不思議な生物形態」を集結したダイビングポイントです。 初めてタオの海を潜ると、驚きにおもわずうわぁーっと声を上げてしまうでしょう。

私たちを取り囲む数えきれない魚達。色とりどりのソフトコーラル ダイバーを近寄らせてくれるハゼ達。そして、現生最大の魚として知られるジンベイザメが生息する海域。 タオ島を訪れる全ての人の心に感動が湧くことでしょう。

透明度 15〜40M 水深 10〜40M
チュンポンピナクル タオ島

タオ島外洋ポイントの一つチュンポンピナクル。
タオ島から北西へ約8キロ。
水中に巨大すぎる大きなピナクル(岩の根)の上にはまるでカーペットを敷き詰めた様に センジュイソギンチャクが群生しています。そのイソギンチャクの上には
無数のハナビラクマノミが共生しています。
ピナクルの周りには小魚達を狙うハンター(オオクチイケカツオやヨコシマサワラ)が群れに向かって突っ込んでいきます。
水中でも「バァーン」っと大きな音で私たちダイバーを驚かせてくれます。
そしてシェベロンバラクーダー。
ダイバーなら誰でも憧れるトルネード!
この渦に巻かれるとまるで魚の壁ができたかと錯覚してしまう程の大迫力です。
そして忘れてはいけないのがジンベイザメ。大きな体に可愛らしいドット柄。
そしてたくさんの家来を引き連れ
優雅に泳ぐ姿は一度見たらみんな彼の虜になるはずです。

チュンポンピナクルに関するブログ記事タオ島海域の地図水中マップ
透明度 10〜30M 水深 10〜40M
セイルロック

タオ島とパンガン島の間にある水底30Mからそびえ立つ岩礁。
その岩礁の周りにはギンガメアジ、シュベロンバラクーダー、
ピックハンドルバラクーダー、キンセンフエダイの群れ達。
「360°」全てが魚に囲まれるダイビング。
そして巨大なヤイトハタ。
岩壁にはチムニーと呼ばれる縦穴があり、その縦穴に入ると頭上からまるで
スポットライトのような光が差し込みとても幻想的です。
心地いい感動で心が満腹になること間違いないでしょう。

セイルロックに関するブログ記事タオ島海域の地図水中マップ
透明度 10〜30M 水深 15〜30M
サウスウエストピナクル

タオ島より南西に約10キロ。こちらもタオ島外洋ポイント。
チュンポンは迫力あるダイブサイトに比べサウスウエストは神秘的なダイブサイトです。
水深18〜25mから、大小の岩の根が海底山脈のようにそびえたつ絶景ポイント。
中層にはタカサゴ・ササムロ・ジャバラビットフィシュがまばゆい太陽の光を浴び
自由気ままに泳いでいます。
岩肌には数えきれない位のクロリボンスズメダイ。
水底には色とりどりのブラックコーラル。
ここ本当に水中???まるでお花畑の中を散歩しているみたいです。
神秘のベールに包まれたサウスウエストはきっとあなたの心に響くものを
残してくれるでしょう。

サウスウェストピナクルに関するブログ記事タオ島海域の地図
透明度 10〜25M 水深 5〜20M
グリーンロック

ナンユアン島の北側にある地形ポイント。
水中に大小の様々な岩が重なり合って、一つの根を形作ってます。
その岩の間を潜り抜ける「スイムスルー」
アドベンチャーな気分が味わえます。
そしてスイムスルーの向こうには紺碧の海。
光と影が創りだす水中世界です。

グリーンロックに関するブログ記事タオ島海域の地図
透明度 10〜25M 水深 10〜20M
ツインズ

ナンユアン島の西側にある癒し系のポイント。
真っ白な砂地が広がりそこにはハゼ!ハゼ!ハゼ!
特にギンガハゼの黒色と黄色とテッポウエビのコンビネーションには
魅入ること間違いないです。
そしてタオ島ダイバーからこよなく愛されているトウアカクマノミ。
この子たちを見ていると
ほのぼのとした感動が心に生まれるでしょう。

ツインロックに関するブログ記事タオ島海域の地図水中マップ
透明度 10〜25M 水深 10〜20M
ホワイトロック

タオ島から約2キロ沖合にあるポイント。
ここはまるで水中水族館。
タオ島の代表的な魚から
ときにはジンベイザメの目撃もあるオールマィティーなポイントです。
珊瑚の上には色とりどりのイバラカンザシが咲き乱れている。
岩の下にはアオマダラエイやヒトヅラハリセンボの人気者や
また、ハゼ好きにはたまらない人気のメタリックシュリンプゴビー や
フタホシタカノハハゼ(黄変個体)にも会う事ができるでしょう。

ホワイトロックに関するブログ記事タオ島海域の地図
透明度 10〜25M 水深 3〜15M
ジャパニーズガーデン

ナンユアン島の東側に位置し、様々な種類の珊瑚が群生しているポイントです。
名前の由来は水中景観(浅瀬の珊瑚)が日本庭園の様だからとのこと。
浅瀬は太陽の自然光が入り、珊瑚の上をたくさんのスズメダイが群舞しています。
枝珊瑚の下には体をクネクネしたチョウチョウコショウダイの幼魚やヒレナガスズメダイの
幼魚が泳いでいることも。
珊瑚の上にはタイワンカマスの群れが優雅に揺蕩っていて心癒されます。

ジャパニーズガーデンに関するブログ記事タオ島海域の地図水中マップ
透明度 10〜25M 水深 8〜20M
ナンユアンピナクル

ナンユアン島の北東側にある、三角錐形の隠れ根。
根の下の方には、大きな亀裂が水平に入っていて、
隙間には、パイプフィッシュやウミウシ類、エイやハタが寝ていることもあります☆
そこからナンユアン島の岸沿いに向かうと、岩がゴロゴロ重なった地形になり、
スイムスルーを楽しむことができます☆
中には、岩の隙間から差し込む光に輝くハタンポやテンジクダイの群れが。
ここから島沿いにジャパニーズガーデンまで泳ぐロングダイブを楽しむこともできます♪

タオ島海域の地図 水中マップ
透明度 10〜25M 水深 3〜15M
マンゴベイ

タオ島の北の端にある小さな湾です。
ここはオレンジ色した太陽の温もり、見渡す限りヤシの木やマンゴの木が群生しています。
そして水中は広がる浅い砂地に美しい砂紋。
自然が作り出す美しさが集結しているポイントです。
浅瀬ではダイバーが泳いでいる影が、真っ白な砂地に写しだされます。
オオウミウマがゆらゆらと流木に寄り添っていたり、ミナミウシノシタが隠れていたり。
砂地好きにはたまらないポイントです。

マンゴーベイに関するブログ記事タオ島海域の地図 水中マップ
透明度 10〜25M 水深 10〜35M
ヒンウォンピナクル

タオ島の東側にある一風変わったポイントです。
視野の果てまで続きそうなソフトコーラル畑。
ピンク・黄色・黄緑・青色。カラフルで幻想的。
音色を奏でそうなハープコーラル( Red Whip Coral)。
そのなかにはアカスジカクレエビやヨロイウオ。
時には流れに乗ってシェベロンバラクーダーやカメが見られることも。
まるで水中の秘密にふれるような神秘的な空間です。

ヒンウォンピナクルに関するブログ記事タオ島海域の地図
透明度 10〜25M 水深 3〜15M
アオルック

タオ島の東側にある砂地のポイントです。
アオルークには巨大なハマサンゴが2つ並んでいます。
その珊瑚の下にはイシモチの仲間やモヨウフグが潜んでいます。
そしてお隣のポイント「ヒン・ガン」では水中に色々なオブジャを沈めており
珊瑚の増殖や漁礁作りに役立っています。
オブジェ周辺にはジャンキンスレイやトウアカクマノミ。
そして空き瓶が住処のミジンベニハゼ。
沖合にはキンセンフエダイの群れやグレートバラクーダー。
極めて熱いポイントです。

アオルーク&ヒンガンに関するブログ記事タオ島海域の地図 水中マップ
透明度 10〜30M 水深 7〜25M
シャークアイランド レッドロック

タオ島の南東側にある小さな島。
ここは潮通しが良く、そのお陰で海洋生物の変化に及んでいる。
例えばツキチョウチョウウオはペアーで雲のように一箇所に群れ集まってきます。
潮あたりが良いとシェベロンバラクーダーの群れと出会ったり、アカマダラハタが
岩陰で休んでいたり。
砂地にはカラフルなソフトコーラル。
このポイントはいつも新たな発見があり、不思議な興奮を抑える事ができないでしょう。

シャークアイランドに関するブログ記事タオ島海域の地図
透明度 10〜30M 水深 8〜30M
レムティアン

2011年にタイ海軍の軍艦を沈めてタオ島に新たな漁礁が誕生しました。
まだまだ船の形がしっかり残っており、とくに船首と船尾の大砲はフェロモン指数が高く
船の壮大さに心を打たれる事、間違いないでしょう。
沈潜(サタクット号)から北へ行った所に隠れ根があります。こちらがヒン・ピィーウィーです。
砂地にはトウアカクマノミ。
ムチカラマツにはイボイソバナガニなどのマクロも充実。
中層にはタカサゴやウメイロモドキやマブタシマアジのヒカリモノも
私たちの目を楽しませてくれます。

ラムティアンに関するブログ記事タオ島海域の地図
透明度 10〜30M 水深 7〜25M
レムティアン

タオ島の東側にある地形ポイントです。
大小と重なり合う巨大な岩。この岩の隙間から注ぎ込まれる灼熱の太陽光。
水中にいながら太陽の温度を感じ取れそうな程、サンシャワーが美しいです。
水面ではキビナゴの大群。キラキラと体を光らせ私たちの心を潤してくれるでしょう。
潮あたりが良いとシェベロンバラクーダーの群れと出会う事もあります。
ムチカラマツにはゴルゴニアンシュリンプやガラスハゼなどマクロも充実しています。

ラムティアンに関するブログ記事タオ島海域の地図

(C)タオ島ダイビングショップ アジアダイバーズ