PADIオープンウォーターダイバー
PADIオープンウォーターダイバーコースキャンペーン

上記料金には、ボート代、ダイビング器材レンタル代が含まれます。
カード申請料:1000バーツ別途必要です。

オープンウォーターダイバーコース通常料金

上記料金には、ボート代、ダイビング器材レンタル代が含まれます。
カード申請料:1000バーツ別途必要です。

ダイビングライセンス取得

料金詳細

受講資格

年齢10歳以上の健康な方

受講料金[3泊4日宿泊付]

※部屋の種類によって料金が異なります。

  • 8'500B:ドミトリー宿泊
  • 9'700B:ファンルーム宿泊(水シャワー)
  • 10'000B:スタンダードルーム宿泊(エアコン・温水シャワー)
  • 10'900B:スーペリアルーム宿泊(エアコン・温水シャワー)

※2名1室利用時の料金です。ドミトリー宿泊は1名様でのご利用で上記料金となります。
当店所有の宿泊施設にて3泊の宿泊代金を含んだ料金です。

1名様でのご利用または、1人部屋ご希望時の追加料金

  • ドミトリー:追加料金無し
  • ファンルーム宿泊(水シャワー)=追加 1200B
  • スタンダードルーム宿泊(エアコン・温水シャワー)=追加 1500B
  • スーペリアルーム宿泊(エアコン・温水シャワー) = 追加 2400B

※料金にはダイビングボート代、タンク、レンタル器材が含まれます。
※教材と申請料:1000バーツ別途必要です。

下記期間中キャンペーン料金は適用されません。

2月18日~24日|4月10日~15日|4月25日~5月10日|7月17日~25日|8月1日~20日|9月15日~25日|10月1日~12日
キャンペーン除外期間は1名様2500Bの追加料金が発生します。

PADIダイビングライセンス取得
  • Course-1
  • Course-10
  • Course-11
  • Course-12
  • Course-13
  • Course-14
  • Course-15
  • Course-16
  • Course-17
  • Course-18
  • Course-19
  • Course-2
  • Course-20
  • Course-21
  • Course-22
  • Course-23
  • Course-3
  • Course-4
  • Course-5
  • Course-6
  • Course-7
  • Course-8
  • Course-9

オープンウォーターダイバーコースは、所要2日半で取得可能な、最も一般的なダイビングラインセンス。日本では「Cカード」と呼ばれたりもします。コースは学科、プール講習、海洋実習から構成されています。

学科講習

水中環境、ダイビング器材等、安全なダイビング計画に必要な知識をわかりやすく解説します。
ダイビングの他にも海の知識など知って得する情報が盛りだくさん!

プール講習

安全にダイビングするために必要なスキルを、インストラクターと一緒にプールで練習して、翌日の海洋実習ダイビングに備えます。

海洋実習

2日目と3日目は計4本のボートダイビングを行います。
学科講習で覚えた知識、プール講習で身につけたスキルを応用させます。

>
到着日 10:30 学科講習
13:00 プール講習
16:00 学科講習
2日目 08:00 学科講習
12:30 海洋実習 ダイビング2本
3日目 08:00 海洋実習 ダイビング2本
到着日 フリー  
1日目 08:00 学科講習
12:30 プール講習
2日目 08:00 学科講習
12:30 海洋実習 ダイビング2本
3日目 08:00 海洋実習 ダイビング2本

病歴診断書

コース申込み前に、必ず病歴診断書を使用して健康状態をチェックしてください。
病歴診断書に当てはまる項目がない場合は、 講習を受講することができます。
病歴診断書に当てはまる項目がある場合は、事前に医師の承諾が必要になります。

ダイビング後の飛行機搭乗

ダイビング終了後は18時間飛行機に乗ることができません。講習終了日と同日に飛行機に搭乗することはできません。 これは減圧症を避ける為です。減圧症は重大障害を引き起こす可能性がありますので、飛行機搭乗の時間には、十分ご注意ください。

質問と回答

200メートルの水泳、もしくはマスクとスノーケル、フィンを付けた状態で300メートル泳げることが条件になります。200メートル泳ぐことができなくても、 ほとんどの方がマスクとスノーケルを装着すると300メートルを泳ぐことができます。(息継ぎの必要がないので)

    ライセンスのレベルによるダイビングの深度制限
  • スクーバーダイバー:12メートル
  • オープンウォーターダイバー:18メートル(10歳,11歳は12メートル)
  • アドバンスダイバー以上:30メートル(15歳未満21メートル)
  • ディープダイバー:40メートル(15歳以上)
  • 水着(どんなものでも可ですが、水着の上からウェットスーツを着るので、あまりゴワゴワしない水着の方がウェット着用にフィットします。
  • タオル
  • 日焼け止め
  • 長袖のシャツやウィンドブレーカーがあると、風が強い日も安心です。

ダイビングツアーに参加しましょう!
講習を終了したら、もっとダイビングをしたいと思われるでしょう。 折角、習得した技術をそのまま寝かせてしまうのは勿体ない話です。
タオ島周辺には魅力的なダイブサイトが複数あります。講習では潜ることのできないポイントも少なくありません。ダイナミックで魚影の濃いダイブサイトでダイビングをお楽しみください。
コースの規定条件はクリアしたものの、まだ不安という方もいらっしゃいます。
スキルや知識を更に安定したものにするにもうってつけです。

更に上級のライセンスへとステップアップ
当初考えていた不安もなく、意外とすんなりコースを終了される方も少なくありません。
もっと深く潜ってみたい、ナイトダイビングをしてみたいという方には アドバンスドオープンウォーターコースに進まれてはいかがでしょうか?

苦手な部分を補強、興味のある分野を極めるスペシャルティーコース
上級者向けのコース思われがちですが、オープンウォーターコースを終了された方も
すぐに開始できるスペシャルティーコースも多く用意されています。
エアーの消費などダイビング全般にかかわる中性浮力を中心に学ぶピークパフォーマンスボーヤンシー 、夜の水中世界を探検するナイトダイバー、水中スクーターを利用するダイバープロパルジョンビークル等々、多種スペシャルティーダイバーコースを受講することができます。

タオ島アジアダイバーズ問合せ