レスキューダイバーコース タオ島アジアダイバーズ

SSIレスキューダイバーコース

TOP>ダイビングをしよう>ライセンスを取ろう>レスキュー・ダイバーコース

 

■SSIレスキューダイバーコースついて

 レスキューダイバーコースとは、ダイバーの知識と経験を増やすステップコースです。
 レスキューダイバー資格はプロフェッショナルレベルの前条件ともなります。
 このコースの海洋実習セッションは実際に遭遇する事を想定して細かく区切って練習します。
 このコースを学ぶことにより、実際の状況では事故を未然に防ぐ事が可能になります。
 またレスキューダイバーになるためにはPADI EFRコースの受講が必要です。
 いざというとき、頼れるバディになれます。

■レスキューダイバーコース概要

このコースは3つのセクションにわかれています。
それぞれの達成条件を満たすことによりSSIレスキューダイバーとして認定されます。

1.知識開発セッション
  5章からなるSSIレスキューダイバーマニュアルを使用し、ダイビングのための環境コンディション、
  他のダイバーの認識(バディの器材、体調など)等を学習。
  
2.レスキュートレーニングセッション
  自分自身の管理ができていなければ他のダイバーを手助けできないですよね。
  セルフレスキュー(自己管理)からはじまり、疲労しているダイバー、意識不明ダイバー等の
  対応方法についての10項目を実際を想定しながらインストラクターと一緒に練習、習得します。

ダイブ1 ・疲労ダイバー 
・パニックダイバー
ダイブ2 ・浜、ボート、桟橋からの対応
ダイブ3 ・水中でトラブルに遭遇しているダイバー
・行方不明ダイバー
ダイブ4 ・反応がないダイバーを浮上させる
・水面で反応がないダイバー
ダイブ5 ・反応のないダイバーのエキジット
・圧力に関連する事故のファーストエイドと酸素供給
・浜やボートからの対応(反応のないダイバー)

3.レスキューシナリオセッション
  知識開発で得た情報、海でのトレーニングセッションで習得した技術を利用し、
  2種類のシナリオに対応していただきます。

シナリオ1 水中で反応のないダイバー
シナリオ2 水面で反応がないダイバー

■コース終了後  〜SSIレスキューダイバーコース〜

 以下のようなスキルと知識、そしてダイビングに対しての自信がつきます。
 このコースは皆さん真剣に取り組んでおられますが、これまでのコースとは違った
 達成感、満足感を味わっていただくことができます。

・トラブルを未然に防ぐ能力がつく。
・緊急時の応急処理法が身につく。
・負傷 したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につく。
・水中捜索方法がマスターできる
・自分自身の安全性が高まる

■コース料金等について-SSIレスキューダイバーコース-

受講資格

SSIアドバンスダイバー以上、12歳以上の健康な方
※過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケアのトレーニングを受けている方

料金

▼コース料金

@8500バーツ - 無料宿泊込 [ドミトリー]
A9300バーツ - 宿泊パック [エアコン無し・水シャワー]
B9500バーツ - 宿泊パック [スタンダード・エアコン・温水]
C10100バーツ - 宿泊パック [スーペリア・エアコン・温水]

※2名1室利用時の料金です。
当店所有の宿泊施設にて2泊の宿泊料金を含んでいます。

▼宿泊パックを1名様でご利用又は、1人部屋ご希望時の追加料金

  • @無料宿泊込=追加料金無し
  • A宿泊パック[エアコン無し・水シャワー]=追加800バーツ
  • B宿泊パック[スタンダード・エアコン・温水]=追加1000バーツ
  • C宿泊パック[スーペリア・エアコン・温水]=追加1600バーツ

下記期間はキャンペーン料金が適用されません。

2月18日〜24日|4月10日〜14日|4月25日〜5月10日|7月17日〜25日|8月1日〜20日|9月15日〜25日|10月1日〜12日
キャンペーン除外期間は1名様2500Bの追加料金が発生します。

料金詳細 ※上記料金には、ダイビングボート代、タンク、レンタル器材が含まれます。
※教本+カード申請料:1000バーツ別途必要です。
※天候その他の理由により、コースが終了できない場合も、委託紹介書類を発行し
ますので、日本のSSIスクールにて続きの講習を受けることができます。
※スキルの修得にかかる時間は、年令や体力等により個人差があります。 万が一、
上記日程で終了できない場合は、追加トレーニング(有料)を受講
していただく場合があります。別途プライベートでの講習も承ります。
※日程の短い方は日本のSSIスクールで学科・プールの講習を受けることにより
現地でのコース日程を短縮することができます。詳しくは、御相談ください。
持ち物 ・顔写真1枚(パスポートサイズ)
・水着、タオル、筆記用具、日焼け止め
使用教材等 SSIレスキューダイバーマニュアル、SSIレスキューダイバーDVD、
ポケットマスク、ダイビング事故管理ワークスレート、ロープ、フロート他

ダイビング ライセンス取得

■レスキューダイバーコース参考スケジュール

1日目 08:00 学科講習+知識の復習の解答
12:30 レスキュートレーニングセッション
2日目 08:00 学科講習+50問のファイナルエグザム
12:30 レスキュートレーニングセッション+レスキューシナリオ

■EFRコース + レスキューダイバーコース参考スケジュール

 タオ島にてEFRとレスキューを併せて受講される方の日程となります。
 ※SSIレスキューダイバーの認定条件には24ヶ月以内にSSI EFRコースの認定を受けている必要があります。
>>SSI EFRコース詳細はこちら

1日目 13:00〜 EFR講習
2日目 08:00 学科講習+知識の復習の解答
12:30 レスキュートレーニングセッション
3日目 08:00 学科講習+50問のファイナルエグザム
12:30 レスキュートレーニングセッション+レスキューシナリオ

>>ご予約、お問い合わせ SSIレスキューダイバーコース

■レスキューダイバーコース終了後

 SSIレスキューダイバーコースを終了されると次の段階はSSIダイブマスターコースになります。
 プロフェッショナルレベルまであと1歩。
 レスキューダイバーコースで高めたダイビングへの意識を更に進め、
 プロとしてのダイビングを確立していただくためのコースです。

 レスキューダイバーコースからダイブマスターコースまでのパッケージもあります。
 >>SSI ダイブマスターコース詳細

>>ご予約、お問い合わせ SSIレスキューダイバーコース

(C)タオ島ダイビングショップ アジアダイバーズ