PADI EFR(エマージェンシーファーストレスポンス)

TOP>ダイビングをしよう>PADIライセンスを取ろう>PADI EFR(エマージェンシーファーストレスポンス)

 




■PADI EFRコースについて


 日常に役立つテクニックをマスター

 「作業中にケガをしてしまった」、「自転車で転んで倒れている人がいる」…。
 こういったことは多くないにしても日常生活で目にすることがあることでしょう。
 応急処置等の知識がなければ、病院へ行くべきと、ただ通り過ぎてしまうことかもしれません。
 少しの知識があれば病院へ着く前、救急車の到着前に何らかの手助けをすることが可能です。
 このコースではこういった日常生活でも役に立つ応急処置等を学びます。

■コースの概要

 EFRコースは2つのセクションにわかれます。
 それぞれマニュアルに沿って知識を学習→スキルの練習→実際を想定したシナリオ練習の順に進みます。
 このコースでは人形や救急用品などを利用し、「実際にやってみる」ことに焦点を当てて学習します。
 
 一次ケア(CPR)
  一次ケアは生命にかかわる緊急時のための緊急ケアをカバーします。

・ 現場の評価
・ バリアの使用
・ 一次評価
・ レスキュー呼吸
・ 成人に対して1 人で行うCPR
・ 気道閉塞で意識がある、ない成人への対応
・ ひどい出血の管理
・ ショックの管理
・ 背骨の傷害の管理
・ AED(自動体外式除細動器)の使用方法のオリエンテーション(オプション)
・ 緊急時における酸素の使用方法のオリエンテーション(オプション)
 
 
 二次ケア(ファーストエイド)
  二次ケアは即座に生命にかかわらないケガや病気、あるいは地元のEMS(救急隊)が
  到着するのに時間がかかるか、利用できない場合などを扱います。

・ ケガの評価
・ 病気の評価
・ 包帯の使用方法
・ 骨折や脱臼のときのための副木の使用方法


■EFRコース終了後

 
 CPR(心肺蘇生法)や応急手当を理解し、緊急時にも落ち着いて行動に移すことができるようになる。
 
 また、今まで身近ではなかった知識、対応方法を知ることができ、
 日常生活以外の色々な活動時に備えることができるようになります。

■コース料金等について


受講資格 誰でも受講可(ダイバーでなくてもOK)
※PADIレスキューダイバーコースの認定条件に必要なコースとなります。
料金 ・3500バーツ
料金詳細 上記料金にはマニュアル等の全ての使用教材レンタル料金を含みます。
持ち物 ・顔写真3枚(パスポートサイズ)
・筆記用具、動きやすい服装
使用教材等 EFRコース参加者マニュアル、EFRコース用DVD、CPR用人形、包帯等の救急用品他


ダイビング ライセンス取得


■EFRコース参考スケジュール

1日目 13:00〜 セオリーとエクササイズ
一次ケア、二次ケア


>>ご予約、お問い合わせ PADI EFRコース


PADI EFRロゴ PADI EFRコースCPR PADI EFR2次ケア  


(C)タオ島ダイビングショップ アジアダイバーズ&リゾートホテル